借金に悩んでるなら無料相談ができる司法書士や弁護士を紹介します。

ちょっと前ですが、債務整理の中でも自己破産を選択し、問題なく手続きを終えました。


どんなときでも考えていた返済が遅れる、でも返済しなければ大変なことになるという不安から何も考えなくても良くなり、気持ちが楽になりました。こんなことならば、初期の段階で債務の問題を解決すべきでした。




任意整理というのは、債権者と債務者が相談をして、金利の引き下げや返済を元金のみにするといったことを頼み込む公共機関の裁判所を利用せずに借入金額を減らすものです。普通であれば、弁護士、司法書士が債務者の立場として話し合いを行い、毎月の返済額を少なくし、借金完済という目標達成へと向かわせます。借金なんか返済せずそのままにしたらと友人に言われたのですが、それはさすがに無理だろうと考え債務を整理する準備に入りました。


債務をきちんと整理出来れば借入金が減額出来るため返済継続が可能になるのではと前向きになれました。お陰様で毎日の生活が楽しく過ごせるようになりました。友人が債務整理をしたので手続きの流れを話してもらいました。




以前と大きく生活が変わりかなりメリットを感じたようです。

自分自身も複数のローンを持っていたのですが、今は完済をしてしまっているので、私は無関係の状態です。債務整理には良くない点もあるので、返済が完了させたのは間違いなかったと思います。

個人再生をしたくても認めてもらうことが出来ない場合が存在するのです。個人再生の手続きをする際、返済計画案の提出が求められるのですが、裁判所をクリアしなければ不認可という結果になるのです。



もちろんですが、認めてもらえなければ、個人再生の手続きは出来ません。

借金完済の計画が立てられなくなったら、司法書士や弁護士にお願いして、債務がない状態にしたり、減額するための自己破産や任意整理の手続きに入ってもらいます。任意整理の中でも自宅を持ったままで返済し続ける個人再生も方法としてあります。借金の負担は軽減をされますが、住宅ローンの返済額はこれまで通りですので、注意をしましょう。



私は融資を受けてしまったがために差し押さえられる手前までやってきたので債務の整理をすることに決めました。債務整理をした後は借金は減りますし差し押さえされずに済みます。



知り合いの弁護士に話し合いを行いました。非常に親身になって悩みを聞いて下さいました。


任意整理を行ったとしても、大してマイナス面は感じないと考えやすいですが、事実はそうではないことを知っていますか。




官報の掲載に問題があるのです。つまり、隠し通すことが出来ない確率が高いのです。そこが任意整理の1番大きなデメリットと言えるのかもしれません。

全部の借金をナシにしてくれるのが自己破産という方法です。借金の悩みを抱えている方にはとても助かるものです。ただ、メリットだけがあるものではありません。

当たり前ですが、マイナス面も存在をします。

家や車を手放すことになります。


さらには、10年程度はブラックリストに載っているため、新たに借金をすることは難しいです。

借金の額が膨らんでしまい返済が困難になった場合は弁護士や司法書士にサポートしてもらいましょう。返済が不可能になったらなら自己破産をすることになるでしょう。何年間かは出国出来ないなどの制限をされることになりますが、借金は一切なくなります。

個人再生という方法で進めるのであれば、収入を安定させておく必要があります。任意整理を実行したら、任意整理の交渉を行った金融機関で新たな借り入れをすることは難しいです。そうはいっても、任意整理をしてから、全ての金融機関からの借金を完済して、5年から10年程度経過すれば、信用情報機関の履歴が消去されるため、その後は新規借入も可能になるでしょう。


借入金の返済を続けることが困難になったら、借入人が弁護士を通じて、債権者と話し合いを行い、返済出来る金額に調整を行うのです。このやり方が任意整理なのですが、手続きの際に銀行の口座が使用出来なくなることがあります。




預金が凍結をされる恐れのある口座にあるなら、債権者に返済金として渡されてしまうので、凍結される前に手元に戻しておいて下さい。


債務の整理は仕事をしていない専業主婦でも選べるのです。

人に知られることなく進めていくことも可能ではあるのですが、手続きが大変なものになると家族に話をしましょう。

専業主婦だから返済が難しいとなれば、弁護士の力で解決へと導いてくれるかもしれません。

債務整理をするための方法は、数多くあります。




その中で最高にスッキリ出来るのは、一括で返済を終える方法です。


一括返済の魅力は、借り入れが0になることから、その後に書類の手続きや返済が必要がなくなる点です。願っている返済の仕方と言えるでしょう。


債務整理をするのに支払わなければいけない金額は、どの方法を選ぶかによって大きく違います。

任意整理を選択した場合、割と低料金で債務の整理が出来る場合もありますが、自己破産になってしまうと、手間の分だけお金もかかりますし、支払わなければいけません。自分自身で必要になるお金を知ることは、とても大切なことなのです。

 

ホーム RSS購読